なんでたまを隠さないのでしょうね。部族は

結構書いているのですが、パプワニューギニアの民族のペニスケースですが、あれは長いやりで、たまを疲れたら即死だよなあというか、痛そうだなあと思っています。
ペニスケースが、木にかーんとあたり外れて、何かの拍子に股間ごと、ぶつかった部族の人はのたうち回るように思えます。
そうでなくても、やっぱりたまを隠さない方が理解に難しい部分がありますね。
急所としてはそっちではないでしょうか。
明らかに概念が違うのですね。
でも、多分平和を愛する部族だと思うので、そういう争いは一切しないだとか、平和的交渉をしていくように思えるのですよね。

所で、ああいう部族の言語って興味があります。
どうやって話して、どういう風に書くのか、当然、ネットなんてあるわけないと思うのですが、例えばその辺に詳しい近くでいうと、オーストリアの言語学者が、何か残しているのではないでしょうか。
何とか族の言語という感じで英語との大役で、絶対に残していなかったら、ありえないと思いますものね。
空耳アワーでおち○×ふりふり消灯っていうのがあって、まあ見たままのように俳優が、ふって消灯するってありましたがあれだけでも確かに痛そうですよね。
たまをつかれたら、痛いよなあと。

サラリーマンの飲み会。

サラリーマンは、愚痴吐き、酒を流し込む。
飲食業をしている私から見ると、何とくだらない酒の飲み方か、と思う。

美味しいお酒を飲みたいなら、自らの愚痴を飲み込むことである。
憂さ晴らしの酒など、何の価値もない、単なる浪費である。

酒は百薬の長、とも言うことを知らないのか。
正しくのめば、薬になる。

愚痴と共にある酒は、毒になる。

酒を運びながら、切に思う。
酒をつぎながら、いつも考える。

何の為に飲み、何の為に吐く?
喜びの為に、飲めないのか?

確かに、働くことは大変である。
長い立ち仕事、脚はボロボロだ。

でも、この仕事に誇りを持つ私は、辞める訳にはいかないのだ。

サラリーマンは、仕事に誇りを持っているのだろうか?
持っているさ、と誰かがいう。
ならば、なぜそんなに愚痴の塊になっているのか。

働かされる意識が、あまりにも高いのだろうか。
自らの意思を持って働くことを知らないのか。

よく、飲食業は、サラリーマンから馬鹿にされる。
酒場の仕事だ、誰にでもぺこぺこしやがって、と。

何が悪い。謙虚であり、常に感謝の姿勢を忘れない。
愚痴の塊になっているお前らと一緒にするな。

どんなに激務か、わかっているのか。
どんなに拘束時間が長いか、わかっているのか。

サラリーマンだけじゃない、愚痴りたいのは。

だからこそ、今日も笑顔で店にいる。

ほっぺやおでこのニキビに悩まされました

てぐもぐ 女性 30代 会社員 乾燥肌

“私はもともと学生時代の頃にはニキビがあまりできない体質でした。できたとしても、アゴ、鼻の部分におおきいのが1つできるぐらい。友達とかには、ほっぺたや、おでこにたくさんで来てしまったりいたのですが、幸い普通の洗顔のケアでひどくならずに済んでいました。20歳を過ぎ、一時期、白ニキビと言われるものができ始めました。おでこと前髪のキワなどにできてしまい、とても気になりました。ニキビケアをしたことが無かったので薬局へいき、何がいいのかわからず、クレアラシルの化粧水を買いました。こちらは化粧水の中にニキビができづらくなる粉が入っていてふって混ぜてから洗顔後に使用します。さっぱり感もあるのでとてもスッキリしますし、なによりも治りが早く、直ぐに白ニキビが消えました。30歳近くなり、そのケアではなかなか治らなくなってしまい、妊娠、出産で普通のニキビができるようになってしまいました。たくさんでは無いのですが、治ってはまた別の場所にできてしまい、なかなか顔からニキビがなくならずこまっていたところ、上司から、石鹸で直接洗うと治りやすいよ、ときき、直ぐに実践して見ました。通常の固形石鹸をニキビに当てて、優しく洗い流すだけのケアでした。そしたら繰り返していたニキビも落ち着き、今ではたまに出来ますがそこまで大きいニキビができなくなりました。

クリームなどで治すのもいいですが、基本的な洗顔でケアが出来たので、オススメです。”

脂性肌に良い化粧水

NE 女 40代 主婦 脂性肌

“私は40代で、脂性の肌です。若い頃はもっと脂性がひどかったです。歳とともにだんだん脂性も少なくなりましたが、まだ人より皮脂の出が多いと思います。
しかしこの年になると、肌がカサカサする人が多いので、脂性肌でよかったなって思ったりもします。
肌によって化粧水は色々と合う合わないとかあると思いますが、私は、脂性の肌の人に会う化粧水は、シンプルな化粧水がいちばんいいと思います。
いろいろと、入っていると、顔が赤くなったりする場合もあるのです、そこのところが気をつけています。
今は、さっぱりタイプの化粧水を使っています。それはアロエが入っていて、どこでも手に入れやすい、化粧水です。
いろいろな化粧水を試してみましたが、私にいちばん肌に合うのは、このシンプルな化粧水でした。
大人ニキビを解決するためには、自分で考えて対策しなければなりません。
乳液は普通使わなければいけないのだけれど、乳液は私は使いません。乳液を使うと肌がギトギトして、少し気持ち悪くなるので、化粧水だけします。
夏は、化粧水を冷蔵庫に入れておくと、お風呂上がりとかに化粧水を付けると、毛穴が小さくなるようで、そして気持ちいいので夏場はそうします。
年齢によって、いろいろな化粧水を試してきました。また50代になったら違った化粧水を使っているかもしれません。